−死を恐れる時−



愛は煩悩、性欲は煩悩、驕慢は煩悩、怒り や憎しみも煩悩。死への恐れも煩悩である。 生きているうちにやることをやるしかない。



真理の無理解は煩悩による。無知は善を流す。善を留めるためには煩悩を煩悩だと認識しておくとよい。


BBS