中庸が一番


 [一]に[止]まると書いて[正]。中庸とは大陽と月の位置。
 お釈迦さまは「神はすべて、ほら世界はなんと美しいではないか、あぁ全知全能の神よハレルヤハレルヤ」という人には「神はいない。この世に神は存在しない」と説いて、「証明してみろ神なんてどこにいるんだアホか」という人には「神は存在する。この世の現象のすべては神である」と説いた。(中道)
 また『ニコマコス倫理学』のなかで、アリストテレスは人間の行為や感情における超過と不足を調整する徳として中庸Golden Meanを挙げた。例えば、勇気は蛮勇や臆病の中間的な状態である時はじめて徳として現れる。アリストテレスによれば、この両極端の中間を知る徳性が思慮(フロネーシス、実践知)である。-Wiki-
 あるいは楽すぎず、苦しすぎずの行のこととか阿弥陀の光明をかむれば、みな有/無の囚われを離れる…その状態とか。スジャータにミルク粥を飲ませられた死にかけたお釈迦様は、苦行だけでは悟りを開くのは無理だと悟った。中庸に生きる。
 中庸とは、中庸でいられる幅が重要で、それがその人の修行成果。時間の密度はY軸上にあり、中庸の幅はX軸にある。馬鹿は楽しいけれど、騙される。狷介者のように清きものを汚してしまってもつまらない。流行はマイペースにさりげなく。流行に疎いと退屈で、流行を追いすぎると下品になる。


BBS