生まれかわる


 人間は自分の才能や肉体の限界をいつもあまりに狭く 限りすぎる。自分をあまりに知的にせしめる。この皮相 部の殻を破るにはよほど強く叩かねばならない。
 クラシックとかロックを聴く人は自分の音楽性に反するものを見下す傾向にある。音楽にプライドのある人はまず盆踊りを踊れ。若い人ほど盆踊りに加わることを恐れる。なぜなら「自分の音楽性に反する」から。最近は若い人のみでなく偉い大人も踊らないが…。GHQの骨抜き政策が成功したままではいつまでも日本の輪は保てない。日本に産まれた事に誇りをもっていないから共食いをしている。
 神前で祈ることを恐れるのも、その行為が原始的である故、知的である自己を保てなるだからだろう。そうして人はサイコパス化してゆく。哲学は人体で考えなくてはならない。感性に適切なものが真理だ。科学で測ろうとする者はまず素粒子の運動の不可知さを知れ。人間は恥がなければ成長しない。それも脳に適切な措置になる。物理法則は万民に一定なので運動を避ければ得られるものも得られない。正しいと思ったことをするのだ。